1460 8ホール


1960年4月1日、ドクターマーチンの最初のブーツが生産ラインに乗った記念すべき日。この日付がもとになり「1460」というコードネームが生まれました。「1460 8ホールブーツ」はブランドのオリジナルスアイテムとして親しまれ、「イチヨンロクゼロ」や「エイトホールブーツ」とも呼ばれています。

ファーストモデルか登場してから約60年の間に、素材やディテールに変化を持たせた様々なタイプの「1460 8ホールブーツ」が次々と登場しました。ときには慎ましやかなワークブーツ、ときにはサブカルチャーのアイコンとして、そして時代を象徴するファッションアイテムとして、スタイリストからスケーター、パンクスから詩人、ロッカーズからルードボーイズまで、多種多様な人々に長きにわたり愛され続けているドクターマーチンの定番ブーツです。